image03

ネットカフェのアルバイトについての体験談を書いてみました

イメージ画像ネットカフェのアルバイトについての体験談を書いてみました。本当はこの職種はやったことがなかったのにもかかわらず、他よりも良い時給だったのでこのバイトに決めたんです。
しかし、仕事だと割り切れば案外どんな仕事もやれるもので、苦手だと思っていたこの職種も楽しんでやっています。忙しい時はどうしても大変ですが、バイトを上がる頃にはよく働いた充実感があります。その上、バイト同士は協力し合ったり、気が利く人が多いバイト先で、いつも助かっています。

バイトの応募で電話する時のチェックポイントを確認しておきましょう。
採用の試験は初めの電話から見られていると言うように、油断してはいけません。まず、ゆっくりはっきりと発音し、聞く方のことを考えて会話しましょう。肝心の話す内容は事前に整理しておくと役立ちます。そして、履歴書などを手元に備えて、聞かれそうなことに答えられるようにして電話をすると、相手に質問された時も慌てることがありません。当たり前ですが、メモとペンをすぐ取り出せる所に準備しておくのが基本です。

バイト出来る期間は長期でないと面接合格するのが無理なのでしょうか。
確かに、できるだけ長く働ければバイト先の訓練の負担が少なくて助かるでしょう。ところが、先に何が起こるかは誰にもわかりません。突然学業の都合でバイトを変える必要に迫られる人もよくいますし、事業拡大でバイト先が変わることもありえる話です。だから、バイトに臨むときは期間について悩みすぎず、可能な限り長期間、最善を尽くして働く気で応募するのが最も大切なことです。

バイトの仕事内容を知りたい時はどう言うやり方があるかご紹介します。一番身近な方法は自分が顧客としてバイト先に来店して仕事の観察をする方法です。仕事の忙しさや動きだけでなく、どういうお客が多いのかという事も押さえておきましょう。
もしも個人が客として来店しない分野の仕事場の場合、友人やネットの口コミサイトなどもチェックしてみると良いでしょう。しかし、百聞は一見に如かずと言うように、まず自分で沢山のバイトをするのが大切です。

更新情報