メインイメージ画像

分からなければプロに相談

仏壇関係でよく寄せられる相談はいつ頃購入すればいいかなど購入する時期についてだったり、どんな大きさや形のものがいいか、材質はどれが良いのか等選び方についての相談ですね。購入時期は特に決まりはなく設置したいと思った時に行動に繋げれば良いようです。仏壇の選び方についてはやはりお店へ赴き実物を眺めつつ店員の方からしっかり話を聞くのが妥当かも知れませんね。この時、親身になって真心のこもったアドバイスをしてくれるお店を選ぶと良いでしょう。



自宅の室内版の本堂でもあり、ご先祖などへの供養もできる仏壇ですが、購入したらまずは仏壇に置くご位牌やご本尊の開眼供養というものが必要となっています。この儀式は魂入れとも言われており、一般的には自宅へ僧侶の方を招いて行うことになります。それ以外では仏壇供養という供養もあり、こちらはお仏壇を買い換える場合や処分する際に行われる儀式で、お寺などでも引き取ってもらえるようですが、サービスとして請け負っている専門の業者も存在しているようです。

仏壇を購入する際に、合わせて必要になってくるのが仏具です。

ご本尊とお位牌はもちろん、それ以外にもなるべく揃えるべきなのが三具足である線香立てと、燭台、花立てでしょう。ちなみにロウソク立てと花立を一対ずつにしたものを五具足と言い、それに加えさらにお茶や水を供える場合に使用する茶湯器とごはんを供える時に使用する仏飯器を足したものを七具足というようです。仏具にも様々な種別がありますが、このあたりを揃えておけば間違いないようです。

更新情報